読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

たばこと塩の博物館

銀細工・蒔絵が飾るお姫様の品

たばこと塩の博物館
「牡丹蒔絵手付きたばこ盆」 19世紀 高さ17.8×幅22.6×奥行き13.4センチ
たばこと塩の博物館 たばこと塩の博物館

 旧大蔵省専売局が戦前に集めたたばこ関連品を中心に収蔵する当館は、たばこ盆だけでも700点以上を所蔵しています。

 たばこ盆はキセルのほか、今でいう灰皿などの道具をまとめたもの。香道で使われる香盆を転用したのが始まりと考えられています。

 日用品のような位置づけであまり研究が進んでいませんが、資料からは17世紀半ばにはあったことがうかがえます。

 お盆型だけではなく、升や箱など形も材質も多種多様。

 中でも凝った意匠が施されているのが「牡丹蒔絵手付きたばこ盆」です。紀州徳川家14代藩主に嫁いだ伏見宮家王女倫宮の婚礼道具で、後に形見分けで娘に譲られたと添書にあります。

 見どころの一つが銀装飾。上部の三方を囲む御簾は細い銀の棒を赤い糸でつなぎ、側面や背面の房飾りも銀製で、やわらかな質感が表現されています。左側に見える炭火を保つ「火入れ」のフタは、銀板をたたいて椀形に成形。花弁や葉脈の細かな表現や、透かし彫りにも高い彫金技術がうかがえます。

 本体の牡丹とチョウには「金貝」という技法で金とスズの薄片が貼られています。黒い部分はスズがはがれ落ちてしまったのですが、剥落のお陰で本来は見えない部分が現れ、花弁の筋の立体感を蒔絵で出すというぜいたくな処理が施されていることが分かりました。

 夕顔の実を使った「夕顔蟋蟀蒔絵たばこ盆」は、柳沢一抱(?~1934)の手によるもの。元からなのか細工をしたのか分かりませんが、中央下の小さな虫食い穴からヒョコッと顔を出したコオロギに独創性を感じます。夕顔の葉は変塗でザラッとした感触を出しています。葉脈の細い線やコオロギの立体感が見事ですね。

(聞き手・小森風美)


 《たばこと塩の博物館》 東京都墨田区横川1の16の3(問い合わせは03・3622・8801)。午前11時~午後5時(入館は30分前まで)。2点は「シブい工芸 たばこ盆」(7月4日まで)で展示。100円。原則(月)休み。

にしだ・あみ

学芸員 西田亜未

 にしだ・あみ 2008年から現職。専門は日本近世史。工芸展「伊達男のこだわり」、浮世絵展「役者に首ったけ!」などを企画。

(2021年6月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

私のイチオシコレクションの新着記事

  • 日本・モンゴル民族博物館 当館は兵庫県北部、山あいの豊岡市但東町にあります。

  • カメイ美術館 当館は仙台市に本社をおく商社カメイの第3代社長を務めた亀井文蔵(1924~2011)が半世紀以上かけて収集したチョウをコレクションの柱の一つとし、約4千種、1万4千匹の標本を展示しています。

  • シルク博物館 幕末以来長く横浜港の主要輸出品だった生糸(絹)をテーマに約7千点を所蔵

  • 平山郁夫美術館 平山郁夫(1930~2009)の「アンコールワットの月」は、好んで用いた群青ほぼ一色でカンボジアの遺跡を描いた作品です。

新着コラム