読んでたのしい、当たってうれしい。

私のイチオシコレクション

資生堂アートハウス

爽やかな情景 いくつもの視点

山本丘人「五月」
山本丘人「五月」 1932年 絹本彩色 縦130×横41.8センチ
山本丘人「五月」 高山辰雄「灯」

 当館の収蔵品の核となるのは、「椿会(つばきかい)美術展」や「現代工芸展」など資生堂が文化・芸術活動の支援として長年主催してきたグループ展の出品作です。中でも日本画コレクションの多くを占めているのが、1974~90年の「第三次椿会」に参加した作家たちの作品です。

 その一人が、資生堂を創業した福原家の人たちとも親交のあった山本丘人(きゅうじん、1900~86)です。「五月(さつき)」は東京・銀座の資生堂ギャラリーで32年に開かれた初個展で発表されました。

 美しい新緑の中こいのぼりが風に揺れている、詩情あふれる爽やかな作品です。画面中央で緩やかに曲がって見えなくなる小川や屋根以外は草に覆われた家々は、いくつもの視点を組み合わせながら表現されており、景色をただ写したのではない、作家の意図が見てとれます。長らく個人蔵で、2008年に当館が収蔵するまで展示の機会がありませんでした。

 高山辰雄(1912~2007)も第三次椿会のメンバーです。丘人とはひとまわり年が離れていますが、共に日本画家の松岡映丘(えいきゅう)に師事し、大変強い信頼関係にあったといいます。

 高山は「人間とは何か」といった哲学的な問いを常に作品に反映させていました。「灯(ともしび)」も単純な風景ではなく、「人が最後に帰り着く場所」として「家の明かり」を描いたのでしょう。国籍や職業、性別などに関わらずどんな人も、安堵(あんど)感やノスタルジーを感じるのではないでしょうか。数年前に実施した資生堂社員による人気投票では、ダントツの1位に輝きました。

(聞き手・渡辺鮎美)


 《資生堂アートハウス》 静岡県掛川市下俣751の1(問い合わせは0537・23・6122)。午前10時~午後4時半(入館は30分前まで)。(土)(日)(月)休み。無料。2点は7月23日まで展示。

ふくしま・まさこ

学芸員 福島昌子

 ふくしま・まさこ 1994年から現職。現代工芸を主に、資生堂に関連の深い小村雪岱(せったい)やフランスのビンテージ香水瓶の調査・研究、企画展などを担当する。

資生堂 アートハウス
https://corp.shiseido.com/art-house/jp/

(2021年6月22日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

私のイチオシコレクションの新着記事

  • 日本・モンゴル民族博物館 当館は兵庫県北部、山あいの豊岡市但東町にあります。

  • カメイ美術館 当館は仙台市に本社をおく商社カメイの第3代社長を務めた亀井文蔵(1924~2011)が半世紀以上かけて収集したチョウをコレクションの柱の一つとし、約4千種、1万4千匹の標本を展示しています。

  • シルク博物館 幕末以来長く横浜港の主要輸出品だった生糸(絹)をテーマに約7千点を所蔵

  • 平山郁夫美術館 平山郁夫(1930~2009)の「アンコールワットの月」は、好んで用いた群青ほぼ一色でカンボジアの遺跡を描いた作品です。

新着コラム