目利きのイチオシコレクション

印象派【下】 ポーラ美術館

絵画の流れを体系的に概観

ピエール・オーギュスト・ルノワール「レースの帽子の少女」<br>1891年 油彩

ピエール・オーギュスト・ルノワール「レースの帽子の少女」
1891年 油彩

  • ピエール・オーギュスト・ルノワール「レースの帽子の少女」<br>1891年 油彩
  • エドガー・ドガ「休息する二人の踊り子」<br>1900~1905年ごろ パステル

 印象派の作品を体系的に見渡すことができるのは、今年で開館15周年のポーラ美術館のコレクション。23歳でポーラの社長となった鈴木常司(1930~2000)は美術好きで知られ、1950年代後半から1万点近くの美術品や化粧道具を収集しました。

 19世紀から20世紀までの西洋近代絵画が充実しており、特に印象派は、モネ19点、ルノワール16点、ドガ9点など全部で約400点を収蔵。後期印象派やフォービズムの作品も多く、印象派がフランス絵画に与えた影響を概観できます。

 その中から、ルノワールとドガの作品を見てみましょう。労働者階級出身で、磁器の絵付け職人を目指したルノワールは、少女や裸婦など人物画を得意とし、当時台頭してきたブルジョアジーの肖像などを、明るい色彩で描きました。

 対照的に、銀行家の息子だったドガが描いたのは、バレリーナや娼婦(しょうふ)など、労働者階級出身の人々。階級社会だった当時のフランスで、自分とは異なる階級の人々の風俗は、画家の目に新鮮に映ったのでしょう。座る踊り子たちを大胆に切り取った構図からは、浮世絵の影響も見て取れます。

 絵を見ると、描かれた当時の社会背景や画家の生い立ち、人間性まで見えてきて、興味は尽きません。

(聞き手・中村茉莉花)


 ポーラ美術館コレクション

 ポーラ創業家2代目の鈴木常司が、四十数年間にわたり収集したコレクション。西洋絵画から日本画、版画、ガラス工芸、古今東西の化粧道具まで、総数は1万点に及ぶ。2002年にオープンしたポーラ美術館は箱根の森の中でゆったりと作品鑑賞を楽しめる。

《ポーラ美術館》 神奈川県箱根町仙石原小塚山1285。午前9時~午後5時(入館は30分前まで)。展示替えのための臨時休館あり。1800円。「レースの帽子の少女」は9月24日まで展示中。「休息する二人の踊り子」は10月1日から始まる企画展で展示予定(途中、展示替えあり)。

木村泰司さん

西洋美術史家 木村泰司さん

きむら・たいじ 米カリフォルニア大やロンドンのサザビーズ美術教養講座で学ぶ。講演やセミナーを通し、アートの魅力を広めている。著書に「印象派という革命」「名画は嘘をつく」など。

(2017年4月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

漆芸【上】 首里城公園

漆芸【上】 首里城公園

漆芸は、漆の樹液を塗料として用い、金や貝で装飾を施す美術工芸品です。漆の木は、日本から東南アジアまでのモンスーン地帯にのみ生育します。

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

今回は、色絵の中でも「再興九谷」に焦点を当てて紹介します。

色絵【上】 戸栗美術館

色絵【上】 戸栗美術館

色絵は陶磁器に赤や緑、黄などで上絵付けし、低温で焼成した焼き物の総称です。中国様式を踏襲し、日本では1640年代以降、有田の伊万里焼や、京都の京焼など各地で盛んに作られました。

新着コラム 一覧を見る
「和た与」のういろ餅

オトコの別腹

山名文和さん
「和た与」のういろ餅

もちもちの弾力とほんのりとした米粉の甘み。子どものころから夜中につまみ食いするほど大好きな、地元・滋賀の和菓子です。

「博多らーめん Shin-Shin」の博多ShinShinらーめん

おんなのイケ麺(めん)

岸田奈美さん
「博多らーめん Shin-Shin」の博多ShinShinらーめん

前職の出張で私が訪れたのは住吉店。引き戸で、テーブル席があって、「車椅子の母も連れて来られるな」とびっくりさせられました。

(C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

シネマNEWS

世界最強の姉妹を育てた父親の<驚きの実話>テニス未経験の父親が立てた常識破りの計画とは!?

過去に2度アカデミー賞(R)にノミネート、人気、実力共にトップのハリウッドスター、ウィル・スミス自身が主演、プロデューサーを務める最新作「KING RICHARD」が、邦題『ドリームプラン』で、来年2022年2月23日(水・祝)より公開されることが決定、特報映像が到着した。

 (C)2021 日本すみっコぐらし協会映画部

シネマNEWS

『映画すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』主題歌に、BUMP OF CHICKENの新曲「Small world」予告編も到着!

劇場アニメ第2弾『映画すみっコぐらし青い月夜のまほうのコ』の主題歌がBUMPOFCHICKENの新曲「Smallworld」に決定、原作者のよこみぞゆりとBUMP OF CHICKENのコメントが到着。併せて主題歌入りの30秒予告も公開された。

お知らせ(更新情報)
新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願いいたします。



♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。