目利きのイチオシコレクション

西アジア美術【上】 横浜ユーラシア文化館

文字で装飾するイスラム美術

「青銅製刻線文水桶」イラン 15世紀以降

「青銅製刻線文水桶」イラン 15世紀以降

  • 「青銅製刻線文水桶」イラン 15世紀以降
  • 「ディーナール金貨」(左)表(右)裏 イラン、ニーシャープール 1012~13年

 近年、異文化交流が盛んです。その源をたどると、東アジアから欧州まで続く交易路・シルクロードにつながるかもしれませんね。その中継地点ともいえる、アフガニスタンからトルコまでの西アジアは、7世紀以降にイスラム教が広まり、東西文化と融合しながら、独特の美術が形成されました。

 日本では数少ない西アジア美術の優品を見られるのが、横浜ユーラシア文化館です。東洋学者・江上波夫(1906~2002)が収集した作品群を所蔵し、ユーラシア大陸の各地で使われていた道具や陶器、装飾品を展示しています。

 イスラム社会では、宗教的な場面での偶像表現は禁止されていましたが、世俗的な場所では動物や人間を描くこともできました。この水桶(おけ)は青銅製で風呂の水くみ用として作られたもの。15世紀以降の作といわれていますが、表面に刻まれたスフィンクスのような架空の動物は12世紀ごろに流行したモチーフ。丸みを帯びた器形も、エルミタージュ美術館が所蔵する、同時期の「ボブリンスキー手桶」とほぼ同じで、制作時期は検討の余地があるかもしれません。口縁部には繁栄や長命など、持ち主への祝福の言葉が刻印されています。

 一方で、11世紀のコインの表面には、「神のほかに神はなし」などの文字が見られます。どちらも文字を装飾的に表現しているのが特徴です。

(聞き手・石井久美子)


 どんなコレクション?

 東洋学者・江上波夫が長年の研究生活の中で収集した約2500点の資料と2万5千冊の文献を、晩年を過ごした横浜市に寄贈したことをきっかけに2003年に開館。旧石器時代から現代まで、ユーラシア全域にわたる作品を所蔵。「砂漠と草原」「色と形」など五つのコーナーに分けて展示している。西アジア美術に関する作品は23点。「青銅製刻線文水桶」と「ディーナール金貨」は、常設展示。

《横浜ユーラシア文化館》 横浜市中区日本大通12(TEL045・663・2424)。午前9時半~午後5時(入館は30分前まで)。200円、小中学生100円。(月)と、12月28日~1月3日休み。

東京大東洋文化研究所教授 桝屋友子

桝屋友子さん

 ますや・ともこ 東洋文化研究所所長。東京大大学院修士課程修了。ニューヨーク大大学院博士号取得。専門はイスラム美術、特にイランにおけるイスラム美術を研究。著書に、「すぐわかるイスラームの美術」「イスラームの写本絵画」など。

(2017年11月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「目利きのイチオシコレクション」の新着記事 一覧を見る
漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

漆芸【下】 東京国立近代美術館工芸館

江戸時代まで漆芸は、寺院や大名の注文を受け、職人が分業で制作していましたが、明治になると、作り手が自ら発想し、全工程を手がける作家活動が盛んになります。

漆芸【上】 首里城公園

漆芸【上】 首里城公園

漆芸は、漆の樹液を塗料として用い、金や貝で装飾を施す美術工芸品です。漆の木は、日本から東南アジアまでのモンスーン地帯にのみ生育します。

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

色絵【下】 石川県九谷焼美術館

今回は、色絵の中でも「再興九谷」に焦点を当てて紹介します。

色絵【上】 戸栗美術館

色絵【上】 戸栗美術館

色絵は陶磁器に赤や緑、黄などで上絵付けし、低温で焼成した焼き物の総称です。中国様式を踏襲し、日本では1640年代以降、有田の伊万里焼や、京都の京焼など各地で盛んに作られました。

新着コラム 一覧を見る
「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

美博ノート

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

人々の感情を揺さぶる生々しい表現で名声を博したイタリアの画家カラバッジョは、斬首をモチーフにした作品が多い。ついには本作で自身の生首を描いた。

数理模型 インターメディアテク

私のイチオシコレクション

数理模型 インターメディアテク

数理模型とは、数学の数式で表される領域を石膏などで立体化したもの。19世紀後半~20世紀初頭、主にドイツのマルチン・シリング社が制作し、数学の教材として用いられました。

五島美術館

気になる一品

五島美術館

日本と東洋の古美術を中心に紹介する五島美術館では、所蔵品を模した20センチ四方弱の「リアルモチーフタオル」(写真、全3種、各1100円)を販売中だ。

光屛風(紅) 吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

アートリップ

光屏風(紅)
吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

手荷物を持った乗客が次々とやって来た。成田空港第2ターミナルビル。外国人や、帰国した日本人が機内から降り立ち、初めて眺める空間に「光屏風」はある。日本の伝統工芸品が並ぶ約500メートルの到着コンコースの両端に、「藍」と「紅」の屏風が2隻飾られている。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。