街の十八番

日本橋弁松総本店@日本橋

江戸好みの濃ゆい味の弁当

本店前に立つ樋口純一さん。本店で平日のみ販売のランチが人気。650円

本店前に立つ樋口純一さん。本店で平日のみ販売のランチが人気。650円

  • 本店前に立つ樋口純一さん。本店で平日のみ販売のランチが人気。650円
  • 「並六」のおかずは12種類。この後、絹さやをのせ完成。白飯1080円、赤飯1242円

 江戸時代、魚河岸があった日本橋に、嘉永3(1850)年創業の折り詰め料理専門店「弁松総本店」がある。忙しい魚河岸の人たちが持ち帰れるように、料理を経木や竹の皮に包んだのが弁当屋としての始まりだという。3代目になり、「弁当屋の松次郎」から略して「弁松」と称した。

 人気の「並六(なみろく)」は、六寸にやや満たない折り箱の大きさからその名がつく。今も経木の折を使い、「野菜の甘煮」「玉子焼」「めかじきの照焼(てりやき)」「豆きんとん」「つとぶ(生麩(なまふ))」など、昔ながらの定番がぎっしりと並ぶ。

 調理は、江東区の工場で深夜1時くらいから始まる。約20人の社員の中に、8代目の樋口純一さん(47)も加わり、朝方までに折り詰め約1千個を作る。

 江戸好みの甘辛い味付けは、長年変えていない「濃ゆい」味。親子代々の愛好者がいる一方、煮物ではなく「煮菓子」だという人や、「砂糖の量を間違えたのでは」という声もあるそうだが、「これがうちの味。変えたら弁松でなくなります」と樋口さんは語る。

(文・写真 清水真穂実)


 ◆東京都中央区日本橋室町1の10の7(TEL03・3279・2361)。午前9時半~午後3時((土)(日)(祝)は0時半まで)。無休(年始休み)。三越前駅。

(2019年2月15日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
大和屋@日本橋

大和屋@日本橋

東京・日本橋、三越前に店を構えるかつお節専門店。江戸末期、新潟出身の初代が、魚河岸のあった日本橋で商いを始めた。

佐野造船所@東京・潮見

佐野造船所@東京・潮見

水都・江戸で物流を担ったのは木造船だった。かつて、和船をつくっていた船大工は今はほとんど姿を消した。佐野造船所は、船大工の職人技を代々受け継ぎながら生き延びてきた。

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

「エイ」「ヤー!」。勇ましいかけ声と木刀の打ち合う音が響く。千葉県香取市、香取神宮のほど近く。約600年連綿と伝えられてきた古武術、天真正伝(しょうでん)香取神道流の本部道場だ。

甲斐雨端硯(かいあめはたすずり)本舗@山梨県富士川町

甲斐雨端硯(かいあめはたすずり)本舗@山梨県富士川町

山梨県西部を流れる富士川に沿った国道52号沿いに、同県の郷土伝統工芸品に指定される雨畑硯の工房がある。「甲斐雨端硯本舗」は、元禄3(1690)年創業。

新着コラム 一覧を見る
国立科学博物館

気になる一品

国立科学博物館

博物館漫画「へんなものみっけ!」の作者、早良(さわら)朋さんが国立科学博物館で開催中の「大哺乳類展2」のために描き下ろしたチーターの「チー太」とマッコウクジラの「まっ子」がぬいぐるみになった。

OROCHI 澄川喜一作(島根県益田市)

アートリップ

OROCHI 
澄川喜一作(島根県益田市)

飛行機が萩・石見空港に近づくと、赤褐色の石州瓦の屋根が点在する益田市内の町並みが見えてきた。ひときわ目を引いたのが、建物すべてが石州瓦で覆われた文化施設、島根県芸術文化センター「グラントワ」だ。

現代グラフィック CCGA現代グラフィックアートセンター

私のイチオシコレクション

現代グラフィック 
CCGA現代グラフィックアートセンター

当館は1995年、大日本印刷が本業に近い分野で文化活動を行う目的で、設立しました。ポスターや版画など約2万点を所蔵しています。

ブームの卵

ブームの卵

3月22日 注目グッズ
「モリラボ 花粉バリアスティック」など

スギ花粉のシーズンまっただ中。マスクだけでは対策しきれない人も多いでしょう。そんな人向けに開発されたのが、「モリラボ 花粉バリアスティック」だよ。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。