読んでたのしい、当たってうれしい。

街の十八番

銀座 髙橋洋服店@銀座

明治から受け継ぐ仕立て技術

長さ220センチ、幅85センチの裁ち台を前にして立つ高橋純さん(左)と翔さん。後ろの棚には英国やイタリアから輸入した服地が並ぶ
長さ220センチ、幅85センチの裁ち台を前にして立つ高橋純さん(左)と翔さん。後ろの棚には英国やイタリアから輸入した服地が並ぶ
長さ220センチ、幅85センチの裁ち台を前にして立つ高橋純さん(左)と翔さん。後ろの棚には英国やイタリアから輸入した服地が並ぶ 鉛筆の線に沿って型紙を裁断

 東京・銀座の目抜き通り「晴海通り」に面するビルの3階に店を構える。4代目店主の高橋純さん(69)と、次男で後継者の翔さん(34)ら、「カッター(裁断師)」と呼ばれる技術者5人が対面販売をし、採寸から納品までを手がけている。

 純さんによると、店の始まりは1890(明治23)年ごろ。横浜の外国人から裁縫を習った初代が銀座で開業したという。純さんと翔さんは仕立ての技術を国内で学んだあと研鑽(けんさん)を積むため、純さんは英国で約1年半、翔さんはイタリアで3年間修業した。かつて銀座にも数多くの注文洋服店があったが、今では本格的な店はわずかという。創業から続く手作業の仕立て技術を絶やさぬよう2003年から「縫製技術教室」を開講。約10人は卒業後も裁断師、裁縫師として店に勤める。

 顧客の体の十数カ所を採寸し型紙におこす際、目視でつかんだ特徴を「体形補正」に反映し生地を裁つ。このこだわりを純さんは「ブリティッシュでもイタリアンでもありません。『タカハシ』の洋服です」。

(文・写真 尾島武子)


 ◆東京都中央区銀座4の3の9の3階(TEL03・3561・0505)。午前11時~午後7時((土)は6時まで)。(日)(祝)(休)休み。銀座駅。

(2019年2月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

街の十八番の新着記事

  • 水戸元祖 天狗納豆@水戸 茨城といえば納豆というイメージをつくったのが水戸の「天狗(てんぐ)納豆」。

  • 大和屋@日本橋 東京・日本橋、三越前に店を構えるかつお節専門店。江戸末期、新潟出身の初代が、魚河岸のあった日本橋で商いを始めた。

  • 佐野造船所@東京・潮見 水都・江戸で物流を担ったのは木造船だった。かつて、和船をつくっていた船大工は今はほとんど姿を消した。佐野造船所は、船大工の職人技を代々受け継ぎながら生き延びてきた。

  • 天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取 「エイ」「ヤー!」。勇ましいかけ声と木刀の打ち合う音が響く。千葉県香取市、香取神宮のほど近く。約600年連綿と伝えられてきた古武術、天真正伝(しょうでん)香取神道流の本部道場だ。

新着コラム