街の十八番

竹清堂@下高井戸

竹工芸の老舗に花も彩り

店に隣接する工房で作業する茂樹さん(左)と旭祥さん。棚に並ぶ瓶は竹ひごを染めるあかねやすおうなど草木染の材料

店に隣接する工房で作業する茂樹さん(左)と旭祥さん。棚に並ぶ瓶は竹ひごを染めるあかねやすおうなど草木染の材料

  • 店に隣接する工房で作業する茂樹さん(左)と旭祥さん。棚に並ぶ瓶は竹ひごを染めるあかねやすおうなど草木染の材料
  • 旭祥さんの作品「千筋組花籠 風紋」

 1907年の創業以来、竹工芸品の制作、販売を続ける。大正時代、青梅街道や甲州街道沿いには、農家や市場で使う籠などを売る竹細工の店が数多くあったという。

 九州や京都から仕入れたさらし竹から、作る物に合わせて材料となる竹ひごを取る。細いもので、厚さ0・2ミリ、幅0・3ミリ程。「一人前にひご取りできるまでに10年ほどかかります」と4代目の田中茂樹さん(38)。染色などの加工を施した後、手作業で編んでいく。完成まで、直径30センチ程の花籠で5日間、バッグは持ち手の取り付けなども含め1週間ほどだ。

 昨年改装した店内には、籠やカトラリーなどの日用品と共に、3代目の旭祥(きょくしょう)さん(70)の伝統工芸作品が並ぶ。2008年には紫綬褒章を受章、海外で個展も開く。「アートとして評価して頂けるのはうれしいこと」と旭祥さん。

 花の仕事をしていた茂樹さんの妻亜希子さんが加わり、花の販売も始めた。季節の花が来店者の心を和ませている。茂樹さんは「なんでもできるのがうちのよさ。時代にあわせて変化し続けています」

(文・写真 秦れんな)


 ◆東京都杉並区下高井戸3の1の2(TEL03・3304・3710)。午前9時~午後7時。(水)休み。真竹箸1620円、本煤竹菓子切り1500円など。

(2018年5月11日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
きびがら工房@栃木・鹿沼

きびがら工房@栃木・鹿沼

緑豊かな住宅地にある、自宅兼工房の庭先。大きなざるの中で、十二支の人形たちが風に当たる。ほうきの材料、ホウキモロコシの茎を編んで作る郷土玩具「きびがら細工」だ。

高橋工房@文京区水道

高橋工房@文京区水道

文京区の住宅街の一角にある、木造2階建ての建物。表札に「高橋工房」とある。安政年間に、江戸木版画の摺師(すりし)の工房として同区に創業した。

平田袋物工芸@蔵前

平田袋物工芸@蔵前

東京・蔵前にあるショールームは、花やチョウなど華やかなビーズバッグが並び、ギャラリーのようだ。

西ノ内紙 紙のさと@茨城・常陸大宮

西ノ内紙 紙のさと@茨城・常陸大宮

久慈川に沿って、のどかな田園風景が広がる奥久慈地方。積雪が少なく、やせた土地に自生する「那須楮(こうぞ)」の産地だ。

新着コラム 一覧を見る
「いなみや菓子店」のバナナ最中

オトコの別腹

和嶋慎治さん
「いなみや菓子店」のバナナ最中

洋菓子より断然、和菓子が好きです。バナナ最中(もなか)は、親戚や親の知り合いが気軽に持ってくるお菓子で、子どもの頃から身近にありました。

「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」のパッタイ ゲウチャイ

おんなのイケ麺(めん)

小谷実由さん
「タイ国料理 ゲウチャイ 新宿」の
パッタイ ゲウチャイ

初めての海外旅行先は、卒業旅行で行ったタイでした。それからも仕事で訪ねたり、仲のいいタイ人の友人がいたり、どこか親近感のある国。タイ料理は定期的に食べたくなります。

「シダ」

美博ノート

「シダ」

仏のガラス工芸家、ルネ・ラリック(1860~1945)が、香水瓶を手がけるようになった初期の代表作が12年の「シダ」。

達仏(たつぶつ) 西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

アートリップ

達仏(たつぶつ) 
西野達作(熊本県津奈木(つなぎ)町)

生きた木々の枝や幹に直接彫られた50センチほどの仏像群が、差し込む光で金色に輝く。木の葉が風にざわめき、穏やかな仏の顔にアリが伝う。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。