街の十八番

カフェーパウリスタ@銀座

コーヒー豆 ブラジルから買い付け

店前に立つ長谷川勝彦社長

店前に立つ長谷川勝彦社長

  • 店前に立つ長谷川勝彦社長
  • 豆は自社工場で焙煎(ばいせん)し、コーヒーはハンドドリップでいれる。「森のコーヒー」(650円)のほか、自社の工房で作るケーキも人気だ

 丸いひさしの下のガラス戸を開けて店に入ると、香ばしい香りに包まれた。1階はシャンデリアが光るシックな雰囲気、3年前に開設した2階は大きな窓から光が注ぎ、銀座中央通りがよく見える。1910(明治43)年の創業時には銀座7丁目にあった。

 現社長の長谷川勝彦さん(57)は毎年ブラジルを訪れる。生産者から直接、農薬や化学肥料を使わない高品質の豆を買い付けるためだ。「私が買ってきた豆をお客さんに楽しんでもらう、パイロットショップのような喫茶店です」

 創業者は、長谷川社長の祖父の元上司で、ブラジル移住事業を手がけ「移民の父」と呼ばれた水野龍(りょう)。日本でのブラジルコーヒー販路開拓を条件に、サンパウロ州政府から無償で豆を譲り受け、コーヒーを1杯5銭で提供。後に祖父が事業を受け継いだ。先代の父は、90歳になった今でも、毎日店の様子を見に来ている。

 今の一番人気は、農薬や化学肥料不使用の「森のコーヒー」。いただいてみると、甘みと酸味の調和がとれた、まろやかな味わいが広がった。

(文・写真 笹木菜々子)


 ◆東京都中央区銀座8の9の16(TEL03・3572・6160)。午前8時半~午後9時半((日)(祝)は11時半~8時)。無休。銀座駅。

(2018年11月2日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
徳太樓@浅草

徳太樓@浅草

浅草寺の北側にある和菓子屋「徳太樓(ろう)」。1903(明治36)年創業。看板商品は、甘さが控えめで、中が透き通って見える薄皮の「きんつば」だ。

稲荷湯@北区

稲荷湯@北区

「銭」を払い「湯」あみする公衆浴場の銭湯。現在、東京都内には約560軒ある。旧中山道筋にある滝野川銀座通りの路地に、高い煙突がのぞく。

山崎屋源七提灯店@浅草

山崎屋源七提灯店@浅草

浅草・雷門近くの路地裏に店を構える山崎屋源七提灯店。享保4(1719)年ごろに創業した。

きびがら工房@栃木・鹿沼

きびがら工房@栃木・鹿沼

緑豊かな住宅地にある、自宅兼工房の庭先。大きなざるの中で、十二支の人形たちが風に当たる。ほうきの材料、ホウキモロコシの茎を編んで作る郷土玩具「きびがら細工」だ。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「銀座 立田野」の立田野あんみつ

オトコの別腹

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

おんなのイケ麺(めん)

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。