美博ノート

「藏經閣 伽揶山 海印寺」

朱明徳 帰れない故郷、扉の向こう側
(高浜市やきものの里かわら美術館)

1985年

1985年

 韓国写真界にドキュメンタリーの視点を持ち込んだ写真家、朱明徳(ジュ・ミョンドック、1940~)。本展は、愛知県高浜市のかわら美術館初の朱の本格展示だ。瓦のほか、屋根や家並みの風景画、写真などを収集してきた同館が所蔵する朱の作品63点を展示している。

 本展のサブタイトル「帰れない故郷、扉の向こう側」を象徴的に表すのが本作。韓国南部の山麓にある海印寺の写真だ。門を通して向こう側の建物を撮り、現時点から過去の幻想的な寺院を見つめている。「故郷」をキーワードに写真を撮り続けてきた朱の代表作ともいえる作品だ。

 学芸員の今泉岳大さんは「朱が言う『故郷』は『場所』であると同時に『時間』でもある」と話す。朱自身、黄海道(現北朝鮮黄海南道)で生まれたため、「故郷」に帰ることができない。

(2019年5月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「四十九日」

「四十九日」

鮮やかな色使いで神獣や守護獣などを描き続ける現代美術家・小松美羽(1984~)。

「幸せに生まれ、幸せに栄える」

「幸せに生まれ、幸せに栄える」

神獣や守護獣といった目に見えない存在を、独創的な美意識で描く現代美術家・小松美羽(1984~)。

からくり人形「女石橋」

からくり人形「女石橋」

獅子の姿で勇壮に舞う歌舞伎の「石橋物」をイメージした本作。

「茶運び人形(男)」

「茶運び人形(男)」

江戸時代に発展したからくり人形は、祭礼や人形浄瑠璃に使われたほか、大名など富裕層の間では高級玩具として愛玩された。

新着コラム 一覧を見る
竹内浩一さん(日本画家) 「牛の鈴音」(2008年)

私の描くグッとムービー

竹内浩一さん(日本画家)
「牛の鈴音」(2008年)

韓国農村部の四季の中で、79歳の寡黙な農夫と、老いた一頭の牛との生活を淡々と撮影したドキュメンタリーです。

ブームの卵

ブームの卵

7月19日 注目グッズ
「Pen」など

手に持つとひんやり冷たくて独特な手触り、心地よい重量感……。「Pen」は、ペン軸がコンクリート製のボールペンなんだ。

「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

オトコの別腹

田川隼嗣さん
「3doo(サンドウ)」のジェラート(ベルガモット紅茶&ベリーチップ)

新しいもの好きの性格なので、チョコレートとか王道のものは、つい外したくなっちゃって。それなら、紅茶味にいってみようと思ったのがきっかけ。

「辛麺 華火」の辛麺

おんなのイケ麺(めん)

森七菜さん
「辛麺 華火」の辛麺

辛党です。甘いものも好きですけど、あんまり食べ続けられなくて。でも、辛いものは無限に食べられるんです。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。