美博ノート

「雲錦大鉢」

日本美術 デザインと文様(光ミュージアム)

1941年

1941年

 日本に伝わるさまざまなデザインや文様。今展では、主に江戸時代から現代の絵画や工芸約60点を通じ、意匠の意味や由来を紹介する。作品の背景に注目すると、鑑賞もより深まりそうだ。

 直径42センチと、人が抱えるほどの大きさの「雲錦大鉢」は、陶芸家・北大路魯山人(1883~1959)の代表作の一つ。その内外には、桜と紅葉が立体感をもって描かれている。この絵柄の名前は「雲錦模様」。学芸員の今泉たまみさんによると、「吉野山の桜は雲かとぞ見え、竜田川の紅葉は錦の如し」という京都の古い言葉が由来になっているという。異なる季節が一緒に描かれることで、一年中使うことができるため、器や着物のデザインによく使われるのだとか。

 美食家でも知られる魯山人。この風流な響きの文様を施した鉢には、何を盛ろうとしたのだろうか。

(2020年3月24日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「蝶たち」

「蝶たち」

ルート・ブリュックは教会やお気に入りの自然、母と子など身近なものをモチーフにしてきた。

「ライオンに化けたロバ」

「ライオンに化けたロバ」

本展では、フィンランドを代表するセラミックアーティスト、ルート・ブリュック(1916~99)の初期の食器や陶板から後期のタイル作品まで約200点を紹介する。

「竹林老狸(ちくりんろうり)」

「竹林老狸(ちくりんろうり)」

うっそうとした竹林から現れる狸。丸い体に太めの尻尾、黒々とした鼻や手足の先でそれとわかる。ふっくらと体を覆うのは冬毛だろうか。

「ワニのベンチ」

「ワニのベンチ」

陶芸作家の父が作る動物が好きだった。彫刻家、鈴木紹陶武のモチーフは、一貫して動物だ

新着コラム 一覧を見る
糸

シネマNEWS

『糸』ついに、公開日が決定!

新型コロナウイルスの影響で、公開が延期されていた『糸』の新たな公開日が8月21日(金)に決定、主演の菅田将暉と小松菜奈よりコメントが到着した。

天理駅前広場コフフン(奈良県天理市)

建モノがたり

天理駅前広場コフフン(奈良県天理市)

ぐるぐると描いた円みたい。しかも巨大で真っ白。駅前で目を引く、この建物群の正体は?

東京都庭園美術館

ロゴ散歩

東京都庭園美術館

1933年に建設された旧朝香宮邸を継承して83年に開館した東京都庭園美術館。

ナイジェリアの彫刻 アフリカンアートミュージアム

私のイチオシコレクション

ナイジェリアの彫刻 アフリカンアートミュージアム

当館はアフリカの仮面や立像、テキスタイル、道具など、1800点を所蔵しています。

お知らせ(更新情報)
レイアウトを一部変更しました。何卒ご了承くださいますようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、開催を中止・延期するイベント、プレゼントがございます。

中止を決定したものにつきましては、その都度情報を更新し、公開を取り下げます。
なお、中止・延期となったイベント等の詳細につきましては主催者にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。