読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

紅梅の袿(うちき)と桜の細長(ほそなが)

岡崎市美術博物館 「至高の紫 典雅の紅 王朝の色に挑む」

2008年 絹 染司よしおか蔵

 袖や襟からのぞく赤、ピンク系のグラデーション。源氏物語の主人公・光源氏に嫁いだ皇女・女三宮(おんなさんのみやをイメージした装束は、染色家の吉岡幸雄(1946~2019)が物語中盤の「若菜上」の巻で書かれた女三宮の姿に基づいて制作した。


 4枚重ねた袿は、ベニバナの染液に布をくぐらせる回数を変えることで色の濃淡を出した。その上にまとった細長は、表の薄い絹地から裏地の赤が透けて見える。「明るく鮮やかな色が、若い女三宮にふさわしいと考えて制作された」と、岡崎市美術博物館学芸員の酒井明日香さんは話す。


 平安時代の貴族は自然や季節の移ろいを衣装に取り入れ、重ね着の配色を楽しんだ。源氏物語にも登場人物の衣装の色が多く描写されている。豊かな色彩に魅せられ、その再現をライフワークとした吉岡は、記述や関連文献を丹念に読み解き、往時の植物染めで表現した。

 ※会期は11月5日まで。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム