デパ地下グルめぐり

パレショコラ【ベル アメール 大丸東京店】

彩りと風味豊かなチョコレート

パレショコラ(各252円)

パレショコラ(各252円)

  • パレショコラ(各252円)
  • トラディションショコラ(4個入りギフト1050円)
  • ベル アメール 大丸東京店

 日本人の味覚に合わせたチョコレートを提案する「ベル アメール」。抹茶やきなこ、マンゴーや白桃など、四季折々の食材を使い、寒暖差のある日本の気候を考慮して、温度と湿度を厳しく管理した専用アトリエで作られます。同じ商品でも、夏には少し塩分を加えるなど、季節に適した味に微調整するそう。素材も製法も“日本で味わうこと”を考え抜かれたチョコレートなのです。

 パレショコラは、ミルク、ビター、ホワイトチョコレートをベースに、和の素材を練りこんだり、ドライフルーツなどをトッピングした看板商品です。大丸東京店では、30種類以上あるラインナップのなかから、くるみやアーモンド、レーズンをのせた人気の「マンディアン」シリーズをはじめ、選りすぐりの16種類を揃えています。香りと程よいコクが特徴のベースのチョコレートは、ひとつひとつカカオの産地や配合を変えてブレンド。合わせる素材で味と食感にまた個性が加わり、さまざまな味わいに。大きすぎず小さすぎない直径約5.5センチのサイズで、それぞれの風味豊かな味を堪能できます。

 「自分の楽しみに、ギフト用に相手を思い浮かべて、楽しみながら選んでほしい」と、店長の今村淳さんは言います。今村さんのイチ押しは、カカオ64%のビターチョコとセミドライフィグを合わせた「フィグ」。キレのある苦味とやわらかな余韻が魅力のビターチョコと、フィグの甘酸っぱさとプチプチ食感が絶妙です。聞けば、ベルアメールはフランス語で「美しき苦味」という意味なのだとか。店名通りのビタータイプは特にオススメ。人気のほうじ茶、きなこなどが入った「パレショコラ ジャパン」や、ハートをモチーフにした「パレショコラ ボヌール」などの詰め合わせは、バレンタインギフトにも最適です。

 

ベル アメール 大丸東京店
店長・今村淳さん

「パレショコラはアルコールを使っていないので、どなたでも楽しんでいただけます。1枚から買えますので気軽にお試し下さい」


  トラディションショコラ(4個入りギフト1050円)

季節ごとに食材やリキュールを変えて四季を表現した一粒ショコラ。定番のビターガナッシュに、オレンジ、白桃、ローズマリーを加えた春夏バージョン。口溶けと風味の良さを味わって。


 

SHOP DATA 
「ベル アメール 大丸東京店」
住所:東京都千代田区丸の内1の9の1、大丸東京店地下1階
電話番号:03-3212-8011(代表)
営業時間:10:00~21:00(土日祝は20:00まで)
ベルアメールは、新宿伊勢丹、日本橋三越、東急東横店などにも店舗がある

(2014年2月3日掲載。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は更新時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「デパ地下グルめぐり」の新着記事 一覧を見る
スコーン

スコーン【CHIFFERS 銀座三越店】

ロンドンの五つ星ホテル「ザ・サヴォイ」でエグゼクティブパティシエを務めたマーティン・シファーズのスイーツショップ「CHIFFERS(シファーズ)」。シファーズといえば、この大きなスコーンが有名です。

にゅうめん

にゅうめん【菊乃井 高島屋横浜店】

大正元年に創業し、京都に本店を構える懐石料理の老舗「菊乃井」。百貨店では、気軽に買える惣菜や弁当をメインに、漬物も15種類ほど揃います。その菊乃井のヒット商品が、今回ご紹介する「にゅうめん」です。

みとわ

みとわ【菓匠みとわ 松坂屋上野店】

3月にリニューアルした食品フロアが連日盛況の上野松坂屋。和洋菓子はフロアが一階になり、洋菓子の森、和菓子の里、お江戸新町など、各売り場を街に見立てて構成され、下町名物や限定品が多く並びます。

米沢牛入りメンチ

米沢牛入りメンチ【肉の上杉 日本橋三越店】

松阪牛と並び、東の横綱と称される米沢牛。4月に日本橋三越にオープンした「肉の上杉」は、その米沢牛をふんだんに使った惣菜や弁当を取り揃えて、人気を集めています。

新着コラム 一覧を見る
ブームの卵

ブームの卵

8月23日 注目グッズ
「TAP TAPE(タップテープ)」など

「TAP TAPE(タップテープ)」は、ノートやアルバム、壁などにメモや写真を貼りたいときに役立つ、スタンプ式の両面テープだよ。

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)「6才のボクが、大人になるまで。」(2014年)

私の描くグッとムービー

坂本慎太郎さん(ミュージシャン)
「6才のボクが、大人になるまで。」
(2014年)

一人の少年の6歳から18歳で独り立ちするまでを描いた成長物語。同じキャストを1年ごとに実際に12年かけて撮影しているんです。

「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

おんなのイケ麺(めん)

石原洋子さん
「江戸蕎麦(そば) ほそ川」の穴子天せいろ

ほそ川さんの天ざるは、穴子の天ぷらです。よくあるエビ天じゃなくて。珍しいでしょ?

「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

オトコの別腹

LEO(今野玲央)さん
「PATISSERIE Pavlov」のフレンチトースト

まだ実家暮らしの頃、共働きの母が週末になると時折、朝食に作ってくれたフレンチトースト。外で食べるような立派なものではなかったものの、僕にとっては特別な味です。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。