私の描くグッとムービー

北見隆さん(イラストレーター)
「HOUSE」(1977年)

人食い屋敷はおもちゃ箱の世界

 北見隆さん「HOUSE」(1977年)

 

 イラストレーターとして独立したものの、仕事もなく、どういう方向性で活動していこうかと悩んでいたさなかに見ました。37年前のことです。

 父親の再婚にさみしさを覚えた少女が友人と7人で、幼い頃に会った伯母の家を訪ねる。そこで次々と屋敷の「餌食」にされていくという話です。アイドル映画や米国の家モノのホラーブームに乗ったふりをしていますが、ふたを開けると大林監督の個人的趣味をふんだんにつめこんで展開していきます。劇場長編デビュー作とは思えない大胆さです。

 序盤7人が集合する東京駅は、実際とは全く別のデザインの作り物です。そこにゴダイゴの歌が流れ、まるでミュージックビデオのよう。CM制作出身の監督ならではの演出に引き込まれました。

 ところが山頂の屋敷に着いてからは、骸骨が踊り、井戸から生首が飛び出し、布団が襲ってくるなど、アバンギャルドなシーンの連続。特に、少女がピアノに食べられていくのを金魚鉢ごしに映したカットは理解を超えて衝撃的でした。

 特殊効果はお世辞にも立派とは言えません。確信犯的に、おもちゃ箱をひっくり返し、さらにかき混ぜたような混沌(こんとん)の世界を表現したのでしょう。リアルに作ると本当のホラーになってしまうので。

作品は自分自身が楽しんで作らないと他人にもアピールできない。映画からあふれる監督の幸福感に学びました。それからは仕事も趣味だと思って取り組んでいます。

聞き手・中村和歌菜

 

  監督=大林宣彦
   出演=池上季実子、大場久美子、松原愛、神保美喜、佐藤美恵子、宮子昌代、田中エリ子、南田洋子ほか
きたみ・たかし
 1952年生まれ。赤川次郎や恩田陸らの小説の装画を手がける。10月16日(木)~22日(水)、東武百貨店池袋店で作品展を開催。

(2014年7月25日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
上出惠悟さん(九谷焼作家)「パターソン」(2016年)

上出惠悟さん(九谷焼作家)
「パターソン」(2016年)

舞台は米ニュージャージー州の街、パターソン。地名と同じ名前の主人公パターソンは、バスの運転手をしながら、素敵な奥さんや犬と暮らしている。

和田ラヂヲさん(漫画家)「家族ゲーム」(1983年)

和田ラヂヲさん(漫画家)
「家族ゲーム」(1983年)

初めて地元、松山の映画館で見た時、僕は19歳。ギャグのセンスが、当時の自分とすごくリンクしていたんです。

Chocomooさん(絵描き)「最高の人生の見つけ方」(2007年)

Chocomooさん(絵描き)
「最高の人生の見つけ方」(2007年)

初めて渡米してニューヨークに3週間滞在したとき、セントラルパークで何の気なしに描いた絵が売れて、今の仕事につながっていきました。転機となったこの滞在時に映画のDVDを見たんです。

林丈二さん(イラストレーター)「天井桟敷の人々」(1945年)

林丈二さん(イラストレーター)
「天井桟敷の人々」(1945年)

いま19世紀のパリに一番興味があるんです。特に都市整備される前の世紀半ばのパリが面白い。この映画の舞台はまさにその頃のパリで、当時のことを調べている中で出会ったわけです。

新着コラム 一覧を見る
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

おんなのイケ麺(めん)

愛希れいかさん
「揚州商人」の揚州濃厚塩ラーメン(柳麺)

宝塚の下級生時代、上級生の方に連れていっていただいたお店です。一番のお気に入りが、この揚州濃厚塩ラーメン。

「新珠製菓」の羽二重餅

オトコの別腹

細川俊夫さん
「新珠製菓」の羽二重餅

毎年9月に福井県越前市で開催する、武生国際音楽祭の音楽監督をしています。24年間通っていて、このお菓子は地元の銘菓。滞在するたびにいただいています。

「えじこ型のこけし」

美博ノート

「えじこ型のこけし」

伝統的なこけしといえば、細長い胴に丸い頭が一般的。だが、展示室には、一風変わったえじこ型のこけしも並ぶ。

岡田美術館

気になる一品

岡田美術館

ショップでは、喜多川歌麿の肉筆画に描かれた女性や雪景色をモチーフにしたチョコレート「歌麿・深川の雪」が販売中。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。