街の十八番

野口鍛冶店@埼玉・久喜

農家の声から新商品誕生

修理の作業場に座る広男さん

修理の作業場に座る広男さん

  • 修理の作業場に座る広男さん
  • オリジナル農具「野口式 万能両刃鎌」(大、4320円)。金槌でたたいて、ゆるみのないよう取り付ける

 野口鍛冶(かじ)店は1887(明治20)年に創業し、農具を作ってきた。現在は鎌や鍬(くわ)など約100種もの農具を販売するほか、主に修理の時には炉に火を入れ、金槌(かなづち)を振るう。4代目の野口広男さん(70)は「『野鍛冶』製品は工芸品じゃないから使ってナンボ」と話す。

 店の棚ではオリジナルの農業用刃物「野口式」が異彩を放つ。機械化の波で需要が減りつつあった1960年代、広男さんの父、3代目の孝一さんが商品化を始めた。農家が楽に、効率的に草刈りができる道具を、と「両刃鎌」は三角形の2辺に刃を施した。「柔らかい実を傷つけずに片手で収穫したい」と言うキュウリ農家の声から生まれた商品もある。広男さんが考案した堅いカボチャを安全に切る包丁は大手スーパーに採用された。

 安価な類似品に追いかけられるが、「負けないように品質を保ちたい」と広男さん。「両刃鎌」は木製の柄の曲がりを調整し、細部にこだわって仕上げる。「認めてくれるお客さんがいるから努力を重ねないと」

(文・写真 井上優子)


 ◆埼玉県久喜市菖蒲町三箇760の1(TEL0480・85・0422)。午前8時~午後6時。(日)(祝)(休)休み。久喜駅。

(2018年9月7日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
水戸元祖 天狗納豆@水戸

水戸元祖 天狗納豆@水戸

茨城といえば納豆というイメージをつくったのが水戸の「天狗(てんぐ)納豆」。

大和屋@日本橋

大和屋@日本橋

東京・日本橋、三越前に店を構えるかつお節専門店。江戸末期、新潟出身の初代が、魚河岸のあった日本橋で商いを始めた。

佐野造船所@東京・潮見

佐野造船所@東京・潮見

水都・江戸で物流を担ったのは木造船だった。かつて、和船をつくっていた船大工は今はほとんど姿を消した。佐野造船所は、船大工の職人技を代々受け継ぎながら生き延びてきた。

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

天真正伝香取神道流本部道場@千葉・香取

「エイ」「ヤー!」。勇ましいかけ声と木刀の打ち合う音が響く。千葉県香取市、香取神宮のほど近く。約600年連綿と伝えられてきた古武術、天真正伝(しょうでん)香取神道流の本部道場だ。

新着コラム 一覧を見る
「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

美博ノート

「ゴリアテの首を持つダヴィデ」

人々の感情を揺さぶる生々しい表現で名声を博したイタリアの画家カラバッジョは、斬首をモチーフにした作品が多い。ついには本作で自身の生首を描いた。

数理模型 インターメディアテク

私のイチオシコレクション

数理模型 インターメディアテク

数理模型とは、数学の数式で表される領域を石膏などで立体化したもの。19世紀後半~20世紀初頭、主にドイツのマルチン・シリング社が制作し、数学の教材として用いられました。

五島美術館

気になる一品

五島美術館

日本と東洋の古美術を中心に紹介する五島美術館では、所蔵品を模した20センチ四方弱の「リアルモチーフタオル」(写真、全3種、各1100円)を販売中だ。

光屛風(紅) 吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

アートリップ

光屏風(紅)
吉岡幸雄(さちお)作(千葉県成田市)

手荷物を持った乗客が次々とやって来た。成田空港第2ターミナルビル。外国人や、帰国した日本人が機内から降り立ち、初めて眺める空間に「光屏風」はある。日本の伝統工芸品が並ぶ約500メートルの到着コンコースの両端に、「藍」と「紅」の屏風が2隻飾られている。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。