街の十八番

きびがら工房@栃木・鹿沼

ほうきの端材を郷土玩具に

3代目の丸山早苗さん。2本の棒が付いたほうき制作用の道具は、きびがら細工作りにも使用

3代目の丸山早苗さん。2本の棒が付いたほうき制作用の道具は、きびがら細工作りにも使用

  • 3代目の丸山早苗さん。2本の棒が付いたほうき制作用の道具は、きびがら細工作りにも使用
  • 素朴で愛らしい十二支は1個1296円。全て手作業で、1日に作れるのは20個程度

 緑豊かな住宅地にある、自宅兼工房の庭先。大きなざるの中で、十二支の人形たちが風に当たる。ほうきの材料、ホウキモロコシの茎を編んで作る郷土玩具「きびがら細工」だ。鹿沼ほうきの職人だった初代が、1918年に創業。2代目がほうき作りの傍らで端材を使って作り始め、その孫の丸山早苗さん(41)が技を引き継ぐ。

 11年前、妻を亡くして廃業を口にする祖父に、一緒に仕事をすると言って寄り添った。「職人気質で、ただ独り暮らしの世話を申し出ても怒るので」と苦笑いする。編み方は目で覚えた。「小さい頃に端材で遊んだのが下地になったのかな。ちぎってご飯に見立てて、おままごとも」と丸山さん。習い始めて2年で祖父は他界した。

 水に浸して軟らかくした茎を、丈夫な漁網を糸に、手のひらサイズの動物の形に編みこんでいく。糸を結ばずにからげるのは、ほうき作りの技術だ。本来は捨てる端材のため、茎は太さや長さがバラバラ。「でも、十二支を作るとまんべんなく使い切れるんです」。祖父の意匠の工夫を、日々実感している。

(文・写真 中村さやか)


 ◆栃木県鹿沼市村井町。購入は同市麻苧町1556の1、木のふるさと伝統工芸館(TEL0289・64・6131)などで。新鹿沼駅。

(2018年10月12日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
徳太樓@浅草

徳太樓@浅草

浅草寺の北側にある和菓子屋「徳太樓(ろう)」。1903(明治36)年創業。看板商品は、甘さが控えめで、中が透き通って見える薄皮の「きんつば」だ。

カフェーパウリスタ@銀座

カフェーパウリスタ@銀座

丸いひさしの下のガラス戸を開けて店に入ると、香ばしい香りに包まれた。1階はシャンデリアが光るシックな雰囲気、3年前に開設した2階は大きな窓から光が注ぎ、銀座中央通りがよく見える。

稲荷湯@北区

稲荷湯@北区

「銭」を払い「湯」あみする公衆浴場の銭湯。現在、東京都内には約560軒ある。旧中山道筋にある滝野川銀座通りの路地に、高い煙突がのぞく。

山崎屋源七提灯店@浅草

山崎屋源七提灯店@浅草

浅草・雷門近くの路地裏に店を構える山崎屋源七提灯店。享保4(1719)年ごろに創業した。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「銀座 立田野」の立田野あんみつ

オトコの別腹

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

おんなのイケ麺(めん)

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。