街の十八番

稲荷湯@北区

映画の舞台になった銭湯

銭湯絵師・丸山清人さんが描いた西伊豆のペンキ絵を背に木桶を手にする土本公子さん

銭湯絵師・丸山清人さんが描いた西伊豆のペンキ絵を背に木桶を手にする土本公子さん

  • 銭湯絵師・丸山清人さんが描いた西伊豆のペンキ絵を背に木桶を手にする土本公子さん
  • 看板は「テルマエ・ロマエ」の小道具を譲り受けた

 「銭」を払い「湯」あみする公衆浴場の銭湯。現在、東京都内には約560軒ある。

 旧中山道筋にある滝野川銀座通りの路地に、高い煙突がのぞく。破風造りの三層屋根や飾り板の懸魚(げぎょ)、湯が沸いたことを示す「わ」の札など、昔ながらに営業するのは、大正初期創業の「稲荷湯」だ。

 建物は1930(昭和5)年の築。戦火を逃れ、「東京型銭湯」と呼ばれる格天井(ごうてんじょう)やペンキ絵といった特徴を色濃く残す。その風情から、映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地にも選ばれた。

 「去年他界した母も言っていましたが、湯屋はお湯と清潔さしか売るものがないでしょ。だから、そこは手を抜けない」と、5代目の土本(つちもと)公子さん(55)。「木桶(おけ)がこだわりで、うちの高い天井に響く音がいいんですよ」と、今も一つ一つ丁寧に機械で洗う。

 浴槽を5年前に改装し、46度を超える名物「あつ湯」に加え、「ふつう」と「ぬる湯」を設けた。「お子さんから年季の入った常連さんまで、『気持ちよかった』の一言に心が温まります」と公子さん。

(文・写真 井本久美)


 ◆東京都北区滝野川6の27の14(TEL03・3916・0523)。午後2時50分~翌午前1時15分。(水)休み。板橋駅、西巣鴨駅。12歳以上460円。

(2018年10月26日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「街の十八番」の新着記事 一覧を見る
徳太樓@浅草

徳太樓@浅草

浅草寺の北側にある和菓子屋「徳太樓(ろう)」。1903(明治36)年創業。看板商品は、甘さが控えめで、中が透き通って見える薄皮の「きんつば」だ。

カフェーパウリスタ@銀座

カフェーパウリスタ@銀座

丸いひさしの下のガラス戸を開けて店に入ると、香ばしい香りに包まれた。1階はシャンデリアが光るシックな雰囲気、3年前に開設した2階は大きな窓から光が注ぎ、銀座中央通りがよく見える。

山崎屋源七提灯店@浅草

山崎屋源七提灯店@浅草

浅草・雷門近くの路地裏に店を構える山崎屋源七提灯店。享保4(1719)年ごろに創業した。

きびがら工房@栃木・鹿沼

きびがら工房@栃木・鹿沼

緑豊かな住宅地にある、自宅兼工房の庭先。大きなざるの中で、十二支の人形たちが風に当たる。ほうきの材料、ホウキモロコシの茎を編んで作る郷土玩具「きびがら細工」だ。

新着コラム 一覧を見る
シャンプーハット こいでさん(芸人) 「レナードの朝」(1990年)

私の描くグッとムービー

シャンプーハット こいでさん(芸人)
「レナードの朝」(1990年)

この物語は、脳神経科医オリバー・サックスの回想録が基になっています。

「銀座 立田野」の立田野あんみつ

オトコの別腹

木場勝己さん
「銀座 立田野」の立田野あんみつ

子どもの頃、祖母が火鉢であんこを煮てくれました。それをお汁粉にしたり、おはぎにしたりと、あんこは家で食べる物だったんです。

「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

おんなのイケ麺(めん)

花澤香菜さん
「スパ吉」の明太子(めんたいこ)とウニとイカのバター風味

学生の頃はお仕事と学業の両立で、頑張った日は「自分にご褒美」って、スパ吉に行っていました。本当においしいんです。

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

タブレット純の「昭和歌謡に恋した私」

<上> ムード歌謡・ロシア民謡編

歌手でお笑い芸人のタブレット純さんが、自身のエピソードを交えながら昭和歌謡の魅力を紹介します。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。