美博ノート

「灯台(アンティーブ)」

空の情景(メナード美術館)

「灯台(アンティーブ)」

1954年、同館蔵

 季節や時刻によって表情を変える空は、いつの時代も画家たちを魅了してきた。今展では空の描写に注目し、作家の心情や制作背景を探る。

 本作は、ロシア出身のニコラ・ド・スタール(1914~55)の油彩画。パリで抽象画家として活動した後、具象画を描き始めた。特に水平と垂直による画面構成に関心を示す。54年に南仏に渡り描いた本作も、中央の灯台が目を引く構図だ。

 空が染まる様子は、「朝焼けではないでしょうか。画商宛ての手紙の中に、『日の出を描くため海辺で待っている』との記述が残されています」と学芸員の村石桃子さん。

 だが灰色の空は重々しい。待ち望んだ朝の光の中に、翌年自殺する画家の孤独や苦悩をも感じさせる。

(2019年2月19日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「關門城 慶尚北道 聞慶 鳥嶺山」

「關門城 慶尚北道 聞慶 鳥嶺山」

朱明徳が韓国のドキュメンタリー写真家といわれるきっかけとなったのが、1966年の「ホルト孤児院写真展」。米軍兵士と韓国人女性との間に生まれた孤児を撮影し、背景にある社会問題を提示した。

「藏經閣 伽揶山 海印寺」

「藏經閣 伽揶山 海印寺」

韓国写真界にドキュメンタリーの視点を持ち込んだ写真家、朱明徳(ジュ・ミョンドック、1940~)。本展は、愛知県高浜市のかわら美術館初の朱の本格展示だ。

「戦中の回想画」

「戦中の回想画」

愛知県安城市にある浄玄寺の前住職、故・桜井純さんが色鉛筆で描いた回想画群は、民衆の消防活動をつぶさに教えてくれる。

「秋葉火伏札」

「秋葉火伏札」

地域の「消防」の歴史を紹介する本展。中でも民間信仰を伝えるのが、江戸時代後期ごろの防火のお守り「秋葉火伏札」だ。火防の信仰を集めた秋葉山(静岡県)で配られた札で、「御札 秋葉寺」と書かれた包み紙には、3枚の木版刷りの札が入っている。

新着コラム 一覧を見る
やなぎみわ さん(美術家、演出家)「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

私の描くグッとムービー

やなぎみわ さん(美術家、演出家)
「8 1/2(はっかにぶんのいち」(1963年)

大学生のとき、オールナイト上映で見ました。何が言いたいのか全然わからなかったけれどラストで感動した、初めての映画です。

ブームの卵

ブームの卵

5月24日 注目グッズ
「SinkPlate」など

食器を洗っていて、気がつくと洋服がビショビショにぬれていたことってない?

「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

オトコの別腹

中村征夫さん
「久世福商店」の蜜自慢かりんとう

水中での撮影は体力勝負です。自分の体やカメラが潮に流されないように、撮りたい瞬間を待つ。神経も使います。その合間に食べたくなるのが、このかりんとう。

「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

おんなのイケ麺(めん)

文月悠光さん
「リストランテ文流」の海の幸とキノコのスパゲッティ(トマトクリーム)

2010年に大学進学で札幌から上京しました。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。