読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

「明ける」

田渕俊夫と日本画の世界 美をつなぐ(メナード美術館)

田渕俊夫 2020年 紙本墨画 116.5×90.7センチ
田渕俊夫 2020年 紙本墨画 116.5×90.7センチ

 雲の合間から太陽が顔をのぞかせ、光を反射した水面がきらめく。初公開となる田渕俊夫氏(79)の「明ける」は、コロナ禍に沈んだ私たちの心に希望の光を照らしてくれるような新作だ。

 構図の元は2017年に再建された奈良・薬師寺食堂(じきどう)内の壁画にある。田渕氏が仏教伝来の道のりを描いた14面の中の1面で、中国から日本に向かう遣唐使船からの視点で描かれている。夜が明けるにつれて、大海原の先に浮かび上がる日本の地。船上の人々は、万感の思いで見つめたのではないだろうか。

 壁画完成から3年、ほぼ同じ構図を水墨画で描き、象徴的なタイトルを付けた田渕氏。水墨画に取り組んだのは60代に入ってからだという。「見る人が自分なりの色に置き換えて、様々な見え方がするのでは」と主任学芸員の宮崎いず美さんは話す。

 現代日本画壇を代表する田渕氏が生み出す多彩な美の世界。今展では画業60年の初期から新作までを館蔵品で紹介する。(※6月21日まで臨時休館中)

(2021年6月1日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 置物・人形 ヘラの跡がよく見える、素焼きの人形。本作の作者・月谷初子(1869~1945)は、日本で最初期に洋風彫刻を学んだ陶彫作家だ。

  • 円筒深鉢 近現代美術を中心に所蔵する愛知県美術館と、古代~現代の陶磁器専門の愛知県陶磁美術館。両館コレクションを一堂に集める本展では、学芸員が独自の視点で設定した四つのテーマで作品が展示される。

  • 尿(いばり)する裸僧 裸の僧侶が鉢に向かって放尿する、強烈な印象の作品を生み出したのは、夭折の洋画家・村山槐多(1896~1919)だ。

  • 穴窯の中で金色にゆらめく炎に焼かれているのは、仏教の経典を収めるための経筒。描いたのは、現在の愛知県碧南市出身の美術工芸家・藤井達吉(1881~1964)。七宝、染織、金工、和紙工芸、日本画などジャンルを横断して制作し、刺繡やアップリケを施したびょうぶなど先駆的な作品を生み出した。

新着コラム