読んでたのしい、当たってうれしい。

美博ノート

冨嶽三十六景 東都浅草本願寺

高浜市やきものの里かわら美術館・図書館「浮世絵師の見た甍(いらか)」

葛飾北斎 19世紀後半 25.1×37.3㌢
 高浜市やきものの里かわら美術館・図書館蔵

 瓦をテーマに浮世絵を紹介する今展。葛飾北斎(1760~1849)の代表的風景版画シリーズからの1枚は、画面手前の大屋根と遠景の富士山が相似形をなす北斎ならではの構図が目をひく。


 大屋根の建物は、現在も東京・浅草にある東本願寺の本堂で、もとは神田にあったが1657年の大火で現在地に移った。本作は巨大な鬼瓦をいただく屋根と同じ高さからの眺望。大屋根に上って作業する数人の職人が描かれ、鬼瓦の大きさが強調されているという。


 「たこが天高く舞い上がるほどの強風と、どっしり構えた大屋根。青を基調に静と動を大胆な構図で描いているのも本作の魅力です」と、主任学芸員の井上あゆこさんは話す。

(記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

今、あなたにオススメ

美博ノートの新着記事

  • 五十三次 大磯 女性を乗せ、海沿いの道を進む駕籠(かご)。担ぎ手たちが「ほい、ほい」と掛け声を出して進んだことから「ほい駕籠」とも呼ばれた。

  • 三菱十字号 トヨタ博物館「お蔵出し展」

  • トヨタライトバス 「トヨタライトバス」は1963~69年、当時の荒川車体工業(現トヨタ車体)が製造した22人乗りの小型バス。

  • トラバント601ユニバーサル トラバントは旧東ドイツ唯一の大衆車。1958年から30年以上にわたって製造され、「トラビ」の愛称で親しまれた。

新着コラム