私の描くグッとムービー

植田まさしさん(漫画家)
「ローマの休日」(1953年)

美しい女性への永遠の憧れ

 植田まさしさん(漫画家)「ローマの休日」(1953年)

 

 某国の王女が、ローマでの一日の恋を通じて成長する物語です。相手はイタリア人ではなく、ローマ駐在の米国人新聞記者という設定で、オードリー・ヘプバーン、グレゴリー・ペック以外のキャスティングは考えられません。ストーリー設定、配役。いい映画とは、なにもかもがうまく合致しているものですね。

 男っぽい活劇などではなく、好きな映画にこのラブコメディーを挙げたのは、記者役のグレゴリー・ペックの視点でこの映画を見ていたから。男には「美しい女の人への永遠の憧れ」があるんです。王女役のヘプバーンは、途中で長髪を切ってショートヘアに変身する。当時はみんなあの「ヘプバーンカット」になっていましたよ。うちのおふくろさえもね。

 印象的なのは石の彫刻「真実の口」に手を入れる有名なシーンです。ヘプバーンを驚かすために手をかまれるフリをしたのは、グレゴリー・ペックのアドリブらしいですね。素性を隠して特ダネを狙う記者とカメラマンが、王女の前で会話するカフェの場面もいい。記者が、英語でspillという「秘密をもらす」と「飲み物をこぼす」の二つの意味をかけたおしゃれな言い回しをするんですよ。

 僕は30年以上、月90本の4コマ漫画を描く生活です。ストレスで公務から逃げ出した王女のように、息抜きに家族で草津温泉に行ったら、編集者に宿を探し当てられて描き直しを頼まれたことも。忙しくて海外旅行は無理でも、ローマにはいつか行きたいな。

聞き手・曽根牧子

 

  監督=ウィリアム・ワイラー
   出演=グレゴリー・ペック、オードリー・ヘプバーン、エディ・アルバートほか
うえだ・まさし
 1947年生まれ。82年から読売新聞で4コマ漫画「コボちゃん」を連載。代表作に「かりあげクン」「おとぼけ課長」など。

(2014年9月5日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

「私の描くグッとムービー」の新着記事 一覧を見る
金子富之さん(日本画家)「孔雀王」(1988年)

金子富之さん(日本画家)
「孔雀王」(1988年)

希望を頂いた映画です。大人の世界に魅力を感じられず、どうやって生きるか悩んでいた10歳ごろに見て、こんなに面白い世界観があるのかと。

ニシワキタダシさん(イラストレーター) 「ペーパー・ムーン」(1973年)

ニシワキタダシさん(イラストレーター)
「ペーパー・ムーン」(1973年)

1930年代、大恐慌の頃のアメリカが舞台。

広瀬克也さん(絵本作家)「トキワ荘の青春」(1996年)

広瀬克也さん(絵本作家)
「トキワ荘の青春」(1996年)

封切りされてすぐ、妻と娘と一緒に見に行きました。パンフレット、今も大事にしています。

荒井真紀さん(絵本作家)「シザーハンズ」(1990年)

荒井真紀さん(絵本作家)
「シザーハンズ」(1990年)

両手がはさみになっている人造人間が主人公なので、最初はびっくりしました。

新着コラム 一覧を見る
「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おんなのイケ麺(めん)

山田真歩さん
「蕎麦切 森の」の胡麻だれそば

おそばが好きなんです。仕事でいろいろなところに行きますが、行った先ではまずそば屋を調べますね。

JICA横浜 海外移住資料館

気になる一品

JICA横浜 海外移住資料館

明治~昭和期に海外へ移住した日系人の歴史や暮らしを紹介する海外移住資料館。3階のポートテラスカフェでは、日系人の食文化を体験できる「コラボレーションセット」(900円)を提供。

屋内広場sola 石上純也作(神奈川県厚木市)

アートリップ

屋内広場sola
石上純也作(神奈川県厚木市)

モクモクと広がる雲のような形の壁が目前に迫った。

青銅器 根津美術館

私のイチオシコレクション

青銅器 根津美術館

中国の殷周時代(紀元前17~同3世紀ごろ)、祭祀儀礼に使う青銅器が盛んにつくられました。神格化された動物や渦巻きなどの文様が細部まであしらわれているのが特徴です。

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。