美博ノート

「鮭」

日常を綴る 宮脇綾子展(清須市はるひ美術館)

「鮭」

1977年

 主婦として3人の子を育てながら、身の回りの古布でアップリケ作品を制作した宮脇綾子(1905~95)。本展では、昨年遺族から同館に寄贈された15作品を含む約50点と資料で、彼女の初期から晩年までをたどる。

 藍染めの布で作られた、1本の新巻鮭(あらまきざけ)。よく見ると、エラやヒレ、腹の部分などで細かく布を変えているのがわかる。にぶく光る瞳は、金糸が入った布で表現した。造形の緻密(ちみつ)さに対して、どこかかわいらしい。「綾子さんは見逃してしまいがちなモチーフの魅力を見つけるのが上手。愛情を持って見つめていたからでしょう」と奥村綾乃学芸員。

 彼女は新巻鮭を何度もモチーフにした。「かつて新巻鮭は年末年始の風物詩でした。1年を迎える節目に制作して、心を新たにしていたそうです」

(2017年11月14日、朝日新聞マリオン欄掲載記事から。記事・画像の無断転載・複製を禁じます。商品価格、営業時間など、すべての情報は掲載時点のものです。ご利用の際は改めてご確認ください)

広告
「美博ノート」の新着記事 一覧を見る
「花を摘む男女」

「花を摘む男女」

戦前~1980年代、愛知県瀬戸市は欧米輸出用の陶磁の置物や装飾品「ノベルティ」の一大産地で、最盛期には300社以上の工房が腕を競った。本展は戦後以降に作られた約250点で、その魅力を紹介する。

「作品」

「作品」

画家の元永定正(1922~2011)は、10代のころ漫画家を志した。郵便局員や社交ダンス講師などの職を経て、抽象画家に転向。

「いろだまよこしろあか」

「いろだまよこしろあか」

ころころと転がる色鮮やかな色玉は、元永定正(1922~2011)が描く特徴的なモチーフだ。

「もこ もこもこ」

「もこ もこもこ」

絵本「もこ もこもこ」(文・谷川俊太郎)の絵を手がけた画家・元永定正(1922~2011)。明るい色とユーモラスな抽象画が特徴だ。

新着コラム 一覧を見る
観光客をほっこり温める「癒やし系」

ご当地キャラ大集合

観光客をほっこり温める「癒やし系」

首都圏周辺のご当地キャラクターを紹介する「ご当地キャラ大集合」。第5回は神奈川県箱根町・強羅の「ごうらん」です。

横浜市歴史博物館

気になる一品

横浜市歴史博物館

原始から現代の暮らしを紹介する横浜市歴史博物館。ショップでは、脱力系のキュートさが漂う「手づくり 顔面把手(とって)」を販売する。

The Secret Pond(秘密の池) ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

アートリップ

The Secret Pond(秘密の池) 
ルーディ・キスラー作(長崎県・福江島)

長崎・五島列島の福江島。空港から島随一の絶景地・大瀬崎灯台へと、玉之浦湾の入り江を見下ろす山あいの道を車で向かう。ふいに木々が途切れた場所で眼下を見やると、不思議な風景が目に飛び込んできた。

横山大観 足立美術館

私のイチオシコレクション

横山大観 足立美術館

今年生誕150年の横山大観(1868~1958)。日本美術院の創設、再興に携わり、明治、大正、昭和にわたって、富士図、花鳥画、山水画などを描いた近代日本画家です。

♪プレゼント♪

マイページへ 新規会員登録

プレゼント応募時に1度会員登録をされると、以後はパスワードなどの入力だけでご応募いただけます。